Browse Day

4月 29, 2020

心理学ってどんな学問なの?学び方や大学は?

心理学ってどんなことを学ぶの?

心理学とは、人間の心の動きについて学ぶ学問であると言えます。長い年月をかけて、多くの学者たちが研究をしてきました。人間の心というのは非常に曖昧なものであり、正確な答えを見つけることは不可能です。人間は状況に応じてどのような行動をとるのかを知ることにより、実生活で様々なことに役立てることも可能であると考えられています。人の心の動きについて少しでも理解することができれば、職場での人間関係が円滑になるかもしれません。また、仕事でもっと成功したいと考えている人や、監督しているチームをもっと強くしたいと考えている人にも心理学を学ぶことは効果的であると言えるでしょう。周囲の人の心の動きに敏感になることで、解決することができるトラブルはたくさんあるのです。

心理学を学ぶにはどうしたらいいの?

心理学は、大学や短期大学などで学ぶことができます。学部は心理学部であることが一般的ですが、人間福祉学科や教育学科でも学ぶことができる大学もあります。大学で本格的に心理学を専攻するとなると、英語を理解する力を身に付けることが重要となる場合が多いようです。そのため、心理学と合わせて英語に関する専攻が増えることもあります。また、大学に通うのではなく通信教育で心理学を学ぶことも可能です。日中は時間が取れないという人でも、専門の教材を用いて独学で心理学を学ぶことができるのです。独学で勉強しつつ、定期的にレポートを提出することができれば、単位を取得することができます。

通信制の心理学の大学の中には、入学前に懇談会を行って、きちんと相談に応じてくれる学校もあります。サポート体制も充実しており、安心して入学できると好評です。