Browse Day

9月 26, 2018

ファクタリングは事業資金を獲得するための手法!

事業資金とは何か?どのように調達するのか?

事業資金は事業を立ち上げる時、事業を運営し続けるために必要な経費の総称です。会社設立登記も一つの事業の立ち上げになりますし、既存の事業を拡大することも事業を立ち上げるなどの意味になります。事業を運営し続けることは、会社の存続に大きな影響を与えることになりますので、資金がなければ最悪倒産のリスクも出て来ます。会社にとっての事業資金はケースバイケースで会社を存続出来るか否かが決まる重要なお金と言えましょう。資金の調達法の中でも銀行からの融資は審査へのハードルが高い、審査時が長くなるなどからも必要な時に調達が出来ないケースもゼロではありません。最近はノンバンクなどを初めとする金融業者がビジネスローンと呼ぶローン商品を用意しており、即日融資を受けることが出来る会社も増えています。

ファクタリングは融資ではありません

事業資金の調達法の中にはファクタリングと呼ぶ手法がありますが、これはビジネスローンなどのような融資ではありません。簡単に言えば、企業や個人事業主などが所有する売掛金をファクタリング会社が買い取る、これにより資金提供を行う仕組みです。決算の中では黒字の状態でも、キャッシュフローがスムーズにならずに資金繰りに困るケースもゼロではありません。このような時、つなぎ融資として検討することが出来るのがファクタリングです。売掛金には支払い期日が決められているわけですが、この期日よりも先に売掛金を現金化出来るのがファクタリングのメリットと言えましょう。

ファクタリング会社が、企業等が保有する売掛債権を与信判断して債権を買取る仕組みで、企業は早期に現金化できる利点があります。また、債務会社の倒産時の回収不能リスクからも回避できる利点があります。