Browse Day

7月 26, 2018

塾ではどのような受験対策が行われているの?中学・高校・大学別の授業内容

中学受験のための塾とは?

中学受験は、受験の中でも特殊性が高いと言われています。小学生の段階で中学高校レベルの問題を解かなくてはならないためです。しかも中学生以降に習う公式が使用できないため、本物の思考力が問われます。暗記する内容も多く、一筋縄ではいきません。そのため、中学受験の塾ではそれらをクリアするための特別な授業が用意されています。これは学校の授業内容とは全く異なっており、使用されるテキストも専用のものです。講師陣も中学受験に精通したプロが集められており、志望校の出題傾向に配慮した授業が展開されることになります。

高校受験のための塾とは?

高校受験のための塾では、本番の試験に向けての授業はもちろんのこと日頃の学校の定期テストで点数を取るための指導も行われています。公立高校の合否判定では、入試の結果と共に内申点も考慮されるのです。そのため普段は学校の進度に準拠した授業が行われており、定期テスト前になるとその対策授業に切り替わります。受験の学年になると、季節ごとの講習で受験に向けた授業が始まります。直前の冬期講習の中心となるのは、過去問を使った実践的な授業です。

大学受験のための塾とは?

大学受験の塾では、科目ごとに授業が選べるようになっています。そのため、自分の弱点を見極めた上で選択しなければなりません。また、同じ科目でも文系と理系に分かれた授業が用意されるため、早い段階で進路を決める必要があります。私立か国立かでも授業内容が異なっており、難関校になればなるほど授業内容も難しくなるのが特徴です。

学習塾は、集団指導塾や個別指導塾、補習塾など様々なタイプがあり、学力や性格に合った通学先を選ぶことが大切です。