Browse Month

3月 2018

相続税に軽減措置が適用されるケースとは?

相続税と贈与税の関係

相続税と贈与税は補完関係にあります。こうしたことから、被相続人が死亡する3年以内に贈与された財産がある場合には、相続財産に含めて計算することになります。3年以内に贈与された財産を含めずに算出された相続税額をそのまま支払うと、すでに贈与税を支払っているので、二重に支払うことになります。そこで、すでに支払った贈与税額を相続税額から差し引くことができるのです。しかし、配偶者に関しては、相続の3年以内に贈与税の配偶者特例の適用を受けていても、相続財産には組み入れることができないようになっています。また、父親が亡くなって2年後には母親も亡くなってしまうということがあります。このように、相次いで相続が起こったケースでは、2度目の相続の際に、期間に応じて相続税の軽減措置があります。

延納や物納もできます

相続税は、被相続人が死亡した翌日から10カ月以内に申告を行い、納税しなければなりません。この期間までに遺産の分割が決まらない時は、法定相続人が法定相続分を相続したものとして申告します。そのうえで、そのあとに相続税額が多くなった時には修正申告をし、少なくなった時は更生の請求を行います。相続税は一度に全額を納めるのが原則ですが、相続税額が10万円を超えているケースや、一度に納付することが困難な時は、延納することができます。ただし、延納する場合は担保が必要になるのに加え、利子税がかかるので、注意が必要です。また、相続した財産のほとんどが土地や建物の場合は、物納制度もあります。

相続税の申告には決められた期日があります。書き方や申告の仕方が分からない場合は、弁護士や税務署へ相談しましょう。

自分でもしっかり備えたい!個人型確定拠出年金とは?

個人型確定拠出年金とは?

確定拠出年金とは、公的年金とは別に企業や個人で行う運用タイプの年金です。一定の掛け金を拠出して自分で(企業型は企業が)運用します。運用の結果次第で将来受け取ることのできる金額は違います。
企業型の場合、企業が掛け金を負担(従業員が一部を負担するケースもあり)し運用します。個人型の場合、個人が自分で掛け金、運用方法を決め、自分が掛け金を拠出します。掛け金は全額が控除対象をなります。

個人型確定拠出年金の詳しい特徴

個人型確定拠出年金についてさらに詳しく見ていきましょう。
加入できるのは60歳未満の、企業年金制度のない会社員と国民年金第一号被保険者に加え、2017年1月からは公務員や専業主婦など20~60歳の国民年金加入者のほぼ全員が加入できるようになりました。
加入は任意、掛け金の拠出者は加入者本人となります。掛け金は企業年金制度のない会社員は23,000円、国民年金加入者は68,000円が限度となります。給付方法は会社員、国民年金加入者ともに5年以上20年以下の年金給付か一時金での給付となります。

個人型確定年金のメリットは?

現在では公的年金の給付額について不安を感じる人も多いですね。公的年金とは別に年金を将来のために備えることができます。
また、個人型確定年金では拠出した掛け金が全額控除対象となります。ですから、確定申告や年末調整の際税金の還付を受けることができることも大きなメリットです。
しかし、確定拠出年金は運用結果により受け取る年金額が変わってきます。掛け金を運用するのは自分なので、情報収集や専門家に相談をして、しっかりとした知識を持って運用することが大切です。

今の時代、公的年金だけでは老後が心配です。個人型確定拠出年金は、公的年金にプラスして将来受け取れる資産を自分で作る仕組みであり、積立時、運用時、受取時の3回に渡って税制優遇が受けられるのが特徴です。

間違えると大変なことに!ビットコイン取引所の選び方

もっとも懸念するべきなのは取引所のシステム

ビットコインを含めた仮想通貨そのものに関しては、システム的にはいまは脆弱性がないと言われています。今後あらゆるシステムを変える可能性があるブロックチェーンを用いており、それで運営されているのがビットコインであり仮想通貨です。それを扱う取引所が問題になりますので、ここは慎重に選びましょう。信頼できる取引所を選ぶことが大切です。ユーザーの評価を参考にして選んでください。

手数料が安いとユーザーに有利

たくさんある取引所を比較する際に必要な知識になるのが手数料になります。取引するたびに差し引かれる手数料になりますので、なるたけスプレッドが小さい取引所を選んでください。ユーザーが有利になるポイントです。

アルトコインが豊富な取引所

仮想通貨はビットコインだけではありません。確かにビットコインは最も有名な仮想通貨になっていますが、その他にも可能性があります。ビットコインを第一に考えるのは構いませんが、それと同時に他の仮想通貨であるアルトコインにも関心を持ってください。ビットコインで取引ができる取引所もあることから、ここも比較するポイントにしましょう。

複数の取引所を選ぼう

ひとつの取引所だけを使わないようにしましょう。仮にその取引所で問題が起きることになってしまえば、そこに預けているビットコインを現金に変えることもできなくなってしまうことも。そうならないためにも複数の取引所に登録してください。また大きな価値になった場合は、ハードウェアのウォレットに管理しておくことも重要な判断になります。

ビットコインを始めるなら、ビットコイン取引所の比較は欠かせません。セキュリティ対策や手数料など、取引所によって様々です。きちんと調べてから始めるようにしましょう。

おしゃれなイラストを描きたい!ファッションイラストを描くには

ファッションイラストを描いてみよう!

ファッションに関するホームページを始めてみたいけど、なかなかホームページに添えるいいイラストが見つからなくて...という人も多いのではないでしょうか?

そんな時には、思い切って自分でイラストを描いてみましょう!今回は、そんなファッション雑誌風の女性イラストの描き方についてご紹介してみます。

手描き感と体のフォルムが大切

ファッション雑誌風のイラストを描くためには、顔や体の輪郭などをできるだけ手描きで描くのがおすすめです。色鉛筆やパステル、筆などを使って手描きの線で輪郭を描いてみましょう。割り箸の先端を細く削って墨をつけて描く、「割り箸ペン」を使っても良い感じの線が引けますよ!輪郭線はあまりきっちりと描かずに、少し間隔を空けたり部分的に描かなかったりする方がファッションイラストっぽい雰囲気が出せます。

また、理想的な人体の体の比率は大体8頭身ぐらいだとされていますが、ファッションイラストの場合はこれよりももっと大きな頭身でフォルムを描いた方が良いです。できるだけ顔は小さく、手足は長めにデフォルメして描きましょう。

自分なりのおしゃれ感を工夫してみよう

ファッションイラストは色の塗り方も大事です。あまりきっちりとベタ塗りに色を塗るよりも、大雑把にラフな感じで色を塗った方がいい感じになります。スミのほうを塗り残したり、紙のテクスチャーや絵具のムラなどを生かした塗り方をするとナチュラルでおしゃれな雰囲気が出せます。

ファッションイラストを描く上でのコツを、少しだけご紹介しましたがいかがでしたか?ここでご紹介した方法は一例なので、必ずしもこのとおりに描く必要はありません。他にもいろいろな表現がありますので、工夫をしてみてくださいね!

イラストの講座とは、イラストの描き方や練習方法、描くときの大切なポイントなどを詳しい人が文、画像などを使って教えることです。

スポーツにかかわる仕事に就くために通いたい専門学校

専門学校に通ってスポーツの仕事を目指そう

スポーツに携わる仕事に就くために、様々な分野のカリキュラムが用意されている専門学校に通うことがおすすめです。中でも、スポーツジムのインストラクターやトレーナーなどを育成している専門学校の魅力については、高校生を対象とした進学情報誌などで掲載されることがあり、卒業後に役立つ知識を学べるところに注目が集まっています。

また、一流のアスリートなどが講師として在籍している専門学校においては、実践的な内容の授業を受けることができるため、スポーツに関する職業に対する意識の高い若者にとって大きな魅力があります。なお、将来的にプロスポーツの選手などのサポートを行いたい場合には、健康科学や栄養学などのスポーツに関する様々な学問を学べる専門学校の特徴を調べることがおすすめです。

スポーツに関する専門学校の選び方

スポーツに関する仕事を目指す若者へのサポートが充実している専門学校の魅力は、様々なメディアで紹介されることがあります。特に、スポーツクラブやジムなどで高度な知識を生かして仕事をしたい場合には、専門学校での学習が必要となることがあるため、じっくりと各学校の教育方針や授業の種類などに注目をすることがおすすめです。

また、優秀な講師陣からレクチャーを受けることのできる専門学校の学費は高めに設定されることがありますが、就職活動をスムーズに行えることや、目標の職種を目指しやすいといった魅力があります。なお、スポーツに関する資格の取得ができる専門学校も増えており、スキルアップに大きく役立ちます。

プロのインストラクターを目指しているなら、スポーツの専門学校で学ぶ方法がおすすめです。技能を身につけるだけではなく、スポーツ科学について学ぶこともできます。

資産運用に最適!仮想通貨を選ぶなら取引所の比較は重要です

サービスにより取り扱い商品が違う

人気の金融商品といえば仮想通貨があります。これは現金の代わりとして利用できるもので時価により価値が変動する仕組みをしているのが特徴です。日本で仮想通貨を購入するときは販売所を利用するのが一般的といえます。ここで専用のウォレットを作り仮想通貨を蓄積できる設定を行うと良いです。
利用するときに気になるのが仮想通貨の銘柄と言えるでしょう。販売所によって取り扱っている商品に違いがあるのでお目当てのものがあるか確認しておくのが基本です。また分散投資を考えて人気商品とこれから人気になる可能性が高い通貨の取り扱いがある場所を選定するのが理想的といえます。分散投資をしておけば1つがだめになってももう1つから損益を補填できるため安全です。

取引所があると使いやすさ抜群

仮想通貨を購入できる場所は販売所と取引所です。前者は業者を利用して手に入るサービスですが、後者は個人同士でやり取りを行うのが特徴となっています。時期にもよりますが取引所の方が安価に購入できる場合があるので必見です。こちらは個人が値段を設定しているので相場とは少し離れた場所にあると言えるでしょう。
うまく行けばかなり安い金額で仮想通貨を仕入れられるのでお得です。販売所に登録するときは取引所とセットになっている業者がおすすめといえます。双方をうまく使い分けられるので儲けられる可能性も高くなるといえるでしょう。入出金の手数料も販売所と比べると比較的安価な設定なのでコスト面を見ても優れているのがわかります。

仮想通貨取引所の比較には、取り扱っている仮想通貨の種類、一度に扱える仮想通貨の額、取引にかかる手数料、取引が完了するまでの所要時間、取引の操作性、取引の安全性などの項目があります。