今更聞けない?事業資金ってどういうお金のこと?

事業資金は重要なお金

事業資金とは名前の通り、事業をしていくために使用されるお金のことを言います。起業する際のお金として必要不可欠であることはもちろん、企業を経営・存続させていく上でも必要となってくる資金です。このため起業する人だけではなく企業を経営している人にとっても、事業資金をどのように集めるのか・運営していくのかが重要なポイントになっています。

事業資金には種類がある

そんな事業資金は大きく分けて3つの種類があり、開業資金・運転資金・設備資金が挙げられています。開業資金はそのまま企業を立ち上げる際に必要となってくる資金のことで、以前は多額の開業資金が必要と考えられていましたが、徐々に企業に必要な開業資金は少なくなってきているようです。それでもある程度まとまった資金が必要とされているのにも関わらず事業資金の中で最も調達が難しいと言われており、どのようにして借り入れるのかがポイントになっています。また運転資金は事業を経営・運営していく上で必要とされる資金を言います。具体的な例としては光熱費や人件費、商品の仕入れにかかる費用のことです。

こちらは開業資金と違って毎日かかってくる費用なので、毎月どの程度の資金が必要でどの程度出費しているのか把握することが必要になります。そしてもうひとつの事業資金である設備資金は、事業開設時の初期費用や事業拡大の際に必要となる費用のことを指します。ほかにも不動産費用やパソコンなどの業務上必要な設備を購入する費用も含まれており、業種によってどの程度の資金が必要となるかは異なるようです。

事業資金は売上債権を回収するまでの繋ぎ資金と言い換えることができます。そのため、債権回収期間を短くしたり、支払期日を延ばしてもらう等、取引条件を変更する事は有効な手段の一つと言えます。